研究会活動報告

研究会の種類
1) アイデア実現研究会:毎月
2)
 国際ビジネス研究会:奇数月開催 (1,3,5,7,9,11月)
3)
 ベンチャー研究会:偶数月開催 (2,4,6,8,10,12月) 

過去の月例研究会のご紹介

第19回国際ビジネス研究会         2017年5月26()1820

テーマ 1  日越関係深化に向けての具体論〜住宅金融公庫をベトナムに創ろう〜

講師   山川 薫(共英製鋼(株)理事、元住友金属工業、サウジアラビアNPC社、関西経済連合会常務理事、共英スチールベトナム社社長)

概要  ベトナム人が欲しいものは「自動車」と「住宅」である。その住宅事情を解決する方策として、この2年間ODAを活用した住宅金融公庫を創設する活動をして来た。それを支えるのも人材であり、言語学習をリンクさせた方策プランも紹介する。

メモ■  衣食住は生活の基盤である。住宅を持つと家電も家具も買いたくなる。すると発電所や水道のインフラ需要も大きくなり、日本のビジネス・チャンスがある。ベトナムは社会主義国だが中国嫌いで親日国である。なぜか戦争をしたにも関わらず親米国でもある。

 

テーマ 2   サウジアラビア王国の文化、経済およびビジョン2030   

講師    アリ−フ・ムタズ(The 10th Floor 共同創業者・CEO,SHIFT(株))

概要   日本の原油輸入の3割強を依存する石油大国サウジアラビアは、ともするとイスラム教とは?に関心が行きがちだが、今回はサウジアラビアのあらゆる文化の面、経済の面や今話題になっている「ビジョン2030年」の話を日本語でします。

メモ■ 1970年代に2度のオイルショックで中東諸国が大金持ちになり、毎年1,000億円の電機設備を買ってくれた。そこで夏は雲のない海に近い砂漠に雨を降らす方法を提案したが、どこも乗って来ず、砂漠の乾燥した空気から1日1トンの水が取れる「造水機」を作り、リヤドで実演試飲会をしたら皆さん「美味しい、美味しい」と大好評だったが、、、。

 

第49回アイデア実現研究会         2017年5月22日(月)1820

テーマ 1  再生可能エネルギー 地中熱の利用 高性能・高出力 地中熱熱交換器

講師    山野辺 久生(バーチャル・ハーモニー(株)社長、元日立製作所)

概要  茨城大学との共同研究で地中熱熱交換器の特許を取得し、従来の10倍超の高性能・高出力を実現した。これを普及させるために協力者と出資者を求む。

メモ■ 火山の地熱で発電するのと異なり、どこでも5m掘れば15℃の地中熱が得られ、住宅やビルの冷暖房、融雪、植物工場の暖房などを省エネルギーで行える。COP21に最適。

     

テーマ 2  技術立国日本の再興へ向けて〜技術イノベーションの前に組織イノベーション〜

講師  山田 宰(国際技術コンサルタント(株) 代表取締役、工学博士、元NHK放送技術研究所所長、パイオニア(株)専務、早稲田大学客員教授)

概要  現在の日本メーカは19801990年代の元気がない。他社技術者、マスコミ等の情報によれば、「人」と「組織の運用」に課題が有りそうである。日本企業の問題点を指摘し改善点を提言する。

メモ■  エアバッグで死者が出る、燃費が改ざんされる、タービンが吹っ飛ぶ、新型旅客機の納入が遅れる、造船所で火災が起こる、特許出願数で中国に負ける、データが流出する、どこかがおかしい。  この発表資料フェイスブックのは22世紀学会のページにアップしました。発表内容はここで議論できます。をクリック)

 

2017年4月26日(水)  第18回 ベンチャー研究会

テーマ I  「治る力をサポートする医薬シーズ開発会社〜根治療法の提供と医療コスト削減への挑戦〜」

講師 鍵山 直人(メスキュージェナシス(株)代表取締役 博士(理学)、元アイシン精機梶A産総研、潟Tイトパスファインダー)

産総研の「細胞製造加工技術」と「分子進化工学技術」を武器に、慢性期疾患や難治疾患に取り組みます。@根治が期待されるMSC細胞治療の提供、A抗体医薬のペプチド医薬への置き替え等で、医療コストの削減に挑戦します。

メモ■

病気の治療に医薬、手術と医療機器による治療以外の新しい治療法がある。患者がそれらの効果とコストで選べるようになり、大きな進歩が期待できそうである。

 

テーマ II  「ベンチャー・ビジネスの動向〜ベンチャー成功の条件〜」

講師  大場 尚文(IEEEライフメンバー、元KDDI、イスラエル社・米社社長、副社長)

最近は産官学、国までがベンチャーの育成、支援に力を入れ始めた。そこで現状を踏まえながら日本のビジネス環境にあった起業および経済活性化に向けての新たな視点の必要性とその提案をしたい。

メモ■

最近の「ベンチャー白書」によると、金余りで運用難なのと、大企業のベンチャーファンドへの出資が大分増えてきており、この傾向は金融緩和が続きそうなので中長期間続きそうだという。

 

2017年4月20日(木)  第48回 アイデア実現研究会

以下の予定だったが諸般の事情により会場が取れず実質流会となった。

テーマ I  「宇宙ビジネスの展望」

講師 稲宮 健一(シニア鉄道安全研究会代表、博士(工学)、元三菱電機、新潟情報大学)

世界の宇宙開発の歴史を辿り、22世紀への展望を概観したい。三菱電機の宇宙技術部長時代に実現できなかった夢をかなえたい。

メモ■

宇宙開発は米ソの軍事戦略で発展したが、22世紀には純粋に平和利用で他の産業の牽引役を担ってほしい。参考情報:内閣府(S-NET)  Aブレインストーミングの4つの原則

 

テーマ II  「ブレインストーミングの進め方と注意点」

講師  柳下 和夫(情報総合研究所代表、元三菱電機、金沢工業大学,日本大学)

ブレインストーミングは簡単でとっつきやすい発想法ではあるが、下手をすると問題が生じることがある。

メモ■

三菱電機で情報交換会というブレインストーミングの会を14年間に270回開催し、オーロラビジョンの様な新製品開発のアイデアを出した。

 

2017329日(水)  第18回国際ビジネス研究会

テーマ I  「ロンドンにおけるレコーディングスタジオの設計」

講師 豊島 政實(四日市大学客員教授、(株)豊島総合研究所所長、博士(学術)、AESフェロー、元日本ビクター(株)音響設計事務所)

広帯域音響作品の創出を支援するスタジオの設計手法を研究し、世界32か国に250以上のスタジオを建設した。

メモ■

音楽家の才能を100%生かした記録をするには最高のスタジオが不可欠だ。

 

テーマ II  「India as an Innovation Center

講師  Sriram Venkataraman(インフォシス・テクノロジーズ社日本代表兼 シ二ア・バイスプレジデント)

これまではシリコンバレーを持つアメリカは技術革新の中心だったが、今後はインドがそれに代わるだろう。

メモ■

0(ゼロ)」を発見したインド人は頭脳明晰である。多くのIT技術者が世界中で活躍中である。22世紀までに人口も経済も中国を抜くだろう。

 

2017321日(火)  第47回アイデア実現研究会

テーマ I  「消費者参加によるサテライト移動デポ・セルフデリバリー」

講師  平原 一義(株式会社フリーラン代表取締役社長、元山新同志会、三長会)

IT、主婦労働力による物流デリバリー、販売サービスのオムニチャンネル化、

フリーラン社が描くラストワンマイル、商物一体型サービス

メモ■

文房具配達のアスクル社のビジネスモデルの生活物資版で、これは便利だ!

 

テーマ II  The USPTO(米国特許庁) and Courts Power Struggle under Trump: Good or Bad for Patent-holders?

講師  Sidney Feinleib, PhDConsultant International社長、元立教大学教授)

Administrators and judges appointed under Trump

メモ■

米新大統領の特許庁長官や司法省人事で日本人発明家はどうなるのか?

 

2017年2月28日()  第17回 ベンチャー研究会

テーマ 1 「空の産業革命を起こすドローンテクノロジー

 〜空飛ぶIoTデバイスが切り拓く新たなITフロンティア〜」

講師 佐々木 賢一(トライポッドワークス社CEO、元日本総合研究所、日本オラクル)

映像解析技術を利用した土木や農業向けの映像サービスを展開するIoT事業。Cloud, DroneSensing技術を結びつけた新しい映像分析市場について。企業や自治体、大学などに必要な自動飛行プログラムの活用で、設備点検や災害対策など各種実証実験などを行う。

メモ■

l  テロ・人質誘拐・原発事故・火山爆発・山火事・洪水・土砂崩れ・化学工場爆発・船舶遭難などの現場に近づくのは危険である。まずはカメラを積んだ無人のドローンで空中から偵察するのが迅速な対策を立てる上で不可欠である。

 

テーマ2.「手書き入力による講義方法。スマホ画面で静電容量コードと光コードの双方向通信」

講師 吉田 健治(グリッドマーク(株)代表取締役、(株)インターメディア研究所代表取締役、電気通信大学客員教授、工学博士、元大成建設(株)、デジタル・ハリウッド創業者、法政大学教授)

見えないドットコードが印刷された専用ノートやポストイットに描き、録音と軌跡を同期して記録・再生する手書きペン「G-Pen BT」と「G-Note」。手書きした内容を、スマホ、タブレット、プロジェクター、大型液晶モニターに表示し、メール送信もできる。複数の導電体とフォトダイオードをカード裏面に配置して、導電パターンを時間変化させて静電容量コードを送信、スマホからの光点滅により光コードを受信する次世代スマートカード。

メモ■

l  高齢者の同窓会では耳が遠いので筆談で話す友人がいる。スマホで音声が文字に変わるアプリがあると便利だ。録音・撮影禁止のセミナーも多い。手書きメモで出張報告が活字になると便利である。

 

2017年2月21日()  第46回 アイデア実現研究会

テーマ1Over  The Top(OTT)TV and Internet Protocol TV( IPTV)  Trends ~Trends that will Redefine the Future of Television~

講師 Kamal ADHIKARI(ニュー・アイティー・ヴェンチャー(株)社長 元・東京大学研究員、ネットTVネパール)創設者とディレクター)

メモ■

l  未来のテレビについて世界の技術動向、社会動向、企業動向から投資機会を紹介します。さらに新しいITベンチャーの新たに開発されたモバイルTVプラットフォームについて紹介。

l  NHK以外のテレビは無料で見れるが、広告が入る、居住地域により見れる番組が限られる、放映される時間に見なければならない、という欠点がある。インターネットの利用により、さらに便利なテレビが見れる時代が日本にもやって来る。

 

テーマ2.「日本航空大学設立計画書・次世代「水中カー」開発企画書」

講師 中越 敏喜((一財)日本航空大学設立財団理事長、全日本航空(株)社長、日本マリンテック社長、元・不二サッシ、市売木材、日本マーブル工業(株)社長)

@     030年には日本では9,000名、アジアでは23万名のパイロット不足が生じる。日本航空大学を設立して、パイロットと整備士を養成したい。

A    世界初の普及型小型自家用潜水艇「センスイ号」を2,000万円で売り出したい。

メモ■

@ 島国日本には離島も多い。飛行機は目的地まで最短距離を直進できるので早い。ただし気象条件には左右される。これは船と同じだ。広い飛行場が必要でもある。しかし軍用機オステルの民間版を作ればヘリコプターのように狭い場所からの離着陸も可能になるだろう。

Aウエットスーツを着て、酸素ボンベを背負うことなく、海底を自由に移動できる船を作りたい。

 

2017年1月30()  第17回 国際ビジネス現研究会

テーマ 1 「エンジン開発、品質管理の管理手法の開発

〜品質マネジメントシステムの向上を目指して〜」

講師;及川 忠雄(QKマネジメント研究所、元・いすゞ自動車()()ゼクセル、明治大学兼任講師、工学博士、ISO9001主任審査員)

筆者のディーゼルエンジンの開発、全社的品質管理の推進の経験をベースに開発した管理手法などを紹介し、今後の社会の発展に寄与したい。

メモ■

l  戦後アメリカに輸出した日本車の性能が悪く、加速力が足りず高速道路に入れなかった。また走行中にボンネットが開いてしまい、ドライバーは前が見えず、事故になることもあった。トヨタのToyopetToy of Pet(ペット用の玩具) と酷評された。そこでデミング博士を招聘し品質の向上を果たし、GMを倒産させるような車を作れるようになった。

 

テーマ2 「日本にはインドしかない!日本の将来のためになすべきこと」

〜グローバル人材となるための11ヶ条〜

講師;磯貝 富夫(無所属、元・シャープ(株)サウジアラビア駐在事務所長、アメリカ駐在、ドバイ販売会社社長、インド社の社長、海外派遣講師)

少子高齢化が益々深刻となる日本の将来は若年人口の減少により、支えきれなくなる危機感を共有し、次の世代にグローバル・マインドの醸成を促し、日本の未来のために今からなすべきことを提言したい。

磯貝氏のプレゼン資料はここをクリック。

メモ■

l  インドは遠い国ではあるが昔から仏教を通じて日本に大きな文化的な影響を及ぼした。22世紀までに中国を抜いて人口が世界第一位になる。インド哲学やゼロを発見するなど抽象概念の構築力に優れている。かつては華僑に並ぶ印僑として東南アジアの商業に強みを発揮した。現在はコンピュータビジネスや大企業の経営者として大活躍をしている。

 

2017年1月23日()  第45回 アイデア実現研究会

テーマ1. 「「塗布による精度付加加工技術の開発とパーツリサイクルへの展開」

講師;青木 源久((有)青木技研、元・三菱化学)

金属の切削により得られる精度と表面の機械強度とを塗布による付加加工を精度の悪い材料に施して得る。中古部品の形状を保ったまま新品の精度と機能を回復するパーツリサイクルを実現する為の技術に使う。

テーマ2. 「スイスBMI社のビジネスモデル・イノベーション手法について」

講師;渡邊 哲((株)マキシマイズ 代表取締役、元・三菱商事(株)、トランス・コスモス(株)(米シリコンバレー駐在))

ボッシュ、シーメンス、ABB、SAPなどインダストリー4.0を推進する各社が採用する欧州型ビジネスモデル・イノベーション手法とはどんなものかを紹介。

 

2016年12月20日()  第16回 ベンチャー研究会

テーマ 1:「BlockchainThe Iroha Distributed Ledger(イロハ分散型元帳)〜」

講師;武宮 誠(ソラミツ(株)の共同創業者・共同CEO、東京大学博士課程学生、New Economy Movementの開発者の一人、dragonflyCEO元・国際電気通信基礎技術研究所、CDM Technologies, CustomFlix,)

ソラミツが作成した流通元帳であるイロハは、ハイペルガーのインキュベーションサブプロジェクトの1つであり、日本で創設されました。 プラットフォームの概要を紹介します。

 

テーマ2.「Presentation of Starlent - a "HollyWood 2.0", talent management and advertising startup venture.

講師;Kevin K .HanFounder / CEO of Starlent, Inc.

Starlent is an talent management and advertising startup venture to challenge the status quo of the talent-sourcing sector of the entertainment industry.

芸能プロダクションの仕事は1.人材の発掘、2.その養成、3.その売出し(マーケティング)だ。従来の芸能プロはそれをオフラインで行ってきたが、Starlentはそれをネット上で効率的、ロングテール市場に焦点を当てて行おうとしている。 

 

2016年12月15日()  第44回 アイデア実現研究会

テーマ1.「公共安全ビジネスは如何に構築するか?〜公共安全無線システムを例として〜」

講師;竹内 嘉彦(日本無線(株)参与、元・日本無線(株) 研究所所長、工学博士(東北大学))

安心、安全のための社会インフラの構築と維持に関しても、個人は負担以上の利便性を得られながら、かつ、維持・管理してゆく仕組みは無いものだろうか?皆様のご意見を伺いたく、問題提起の形で発表した。

テーマ2.「クルーズ・ビジネスの現状と我が国の取るべき戦略

〜オープン・イノベーション・プラットフォームとしてのクルーズビジネスについて〜」

講師;小泉 幸一((株)リアルタイム・グラフィックス代表取締役)

世界と日本のクルーズビジネス、世界3大クルーズ船運行会社、我が国クルーズ船運航会社、世界と日本のクルーズ船建造所の現状と展望、我が国の取るべきクルーズビジネス戦略、注目すべきクルーズビジネスの最新動向などを紹介した。

********************************************************************

2016年11月28日()  第16回 国際ビジネス研究会

テーマ 1 「外資企業でのサバイバル術〜IT外資企業で30年生き延びられた秘訣〜」

講師;本多 謙(KenConsulting代表、元米国Control Data Corp. Nortel Networks IBMLotus 英国Logica

私は米英の企業で30年間、ソフトウエアエンジニア、サービスマネジャー、システムサービス、新規事業開拓に従事した。海外企業内での競争は激しい。そのような職場で如何に生き延びるかの秘訣をお話しした。

テーマ2 「米新大統領後の新日米ビジネス課題」

講師;柳下 和夫 (情報総合研究所 代表、元三菱電機、金沢工業大学、日本大学)

大方の予想を覆してトランプ新大統領が誕生した。政策論争のない選挙戦だったので、アメリカの対日政策は防衛費自己負担くらいしか分からない。ならばこちらから課題と要求を突き付けて、22世紀までの長期友好関係を結んではどうだろうか。

********************************************************************

2016年11月21日()  第43回 アイデア実現研究会

テーマ1.「太陽電池パネルによるエネルギー完全自給住宅“KONAUS”の普及」

講師;山口 義人(株式会社セネット取締役会長、元三菱電機専務取締役、学校法人活水学院理事長)

アメリカで太陽光発電住宅の特許を取り、KONAUS LLCを設立した。この特許を建設会社にライセンスする会社である。アメリカのサンベルト地帯をはじめ、世界の太陽光が豊富な国々にこの住宅を普及させたい。

テーマ2.「東京発明大学校(仮称)設立構想〜発明家、弁理士、技術移転専門家を養成する〜」

講師;柳下 和夫 (情報総合研究所 代表、元三菱電機、金沢工業大学、日本大学)

自宅からE-ラーニングで発明家、弁理士、技術移転専門家になるための大学や大学院レベルの授業が受けられる。この大学校で学べば、趣味と実益を兼ねた副業、独立や定年後の備えとして役立つだろう。教員も募集したい。

********************************************************************

2016年10月31日()  第15回 ベンチャー研究会

テーマ 1:「日本型オープンイノベーションの現在と今後〜大手企業と中小企業の連携による新しいモノづくりの形とは〜」

講師;長友 理恵(リンカーズ(株)ディレクター)

リンカーズとは、大手企業から技術開発パートナー・サプライヤー探索依頼を受け、日本各地のコーディネーターネットワークを通じて候補企業様とマッチングを行うサービスです。近年、世界的に多くの企業が自社以外のパートナーと技術開発に取り組み、「オープンイノベーション」を推進しております。日本企業は、情報コントロールのジレンマから積極的に他社との連携を行えないケースが多々ありましたが、近年ではその解決策としてリンカーズを活用したパートナー探索が増えてきております。

テーマ 2:「ビル・シェアリング・ビジネス<オステル>の提案」

講師;柳下 和夫(情報総合研究所 代表、元三菱電機、金沢工業大学、日本大学)

最近、シェア・ハウス、カー・シェアリングなどシェアリング・ビジネスとかシェアリング・エコノミーが注目されている。そこでビルをオフィス、スクール、ホテル<オ・ス・テル>に時分割で1日に3回利用し、コスト削減しようというビジネスモデルを提案します。法的問題がなければ、実現したい

********************************************************************

2016年10月24日()  第42回 アイデア実現研究会

テーマ1. 「農業の成長産業化を都市部で議論するために 〜都市部と異業種からの新規参入をサポートする~

講師;稲垣 伸子(NPO法人農都会議会員、所属学会:経営情報学会、日本農業経営学会、商学修士)

国連の持続可能な開発2030アジェンダの前提のもとファクト収集を全体化し可視化することが、我が国の人口減少と地方衰退のなかで農林水産業問題を共有し、とりわけ都市部と異業種が国民国家の機能を支持するためのアプローチとなり得る。

テーマ2.「敗軍の将、夢を語る」

講師;倉科 伊作(K−プランニング CEO、元日商エレクトロニクス、富士ゼロックス、日本オフィスインフォメーションシステム(JOIS)創業者、日本ソフトウェア産業協会副会長)

「敗軍の将、兵を語らず」はイサギ良いかも知れないが、同じ失敗を繰り返す危険性がある。倉科 伊作 氏JOISは年商9.8億円、従業員150人を擁する規模まで至るも、総務・経理部長の多額の使い込みが発覚し、同社は倒産してしまった。ほとぼりの冷めた今、敗軍の将は、夢を語る

********************************************************************

2016年9月27日()  第15回 国際ビジネス研究会

テーマ 1「日本初、絆ロゴのレンタル 〜業種を問わず商品に意味付けの付加価値を〜」

講師:紺家 順子(株式会社アイルーン代表取締役、元野村證券、三菱電機、駐日アメリカ大使館)

・絆ロゴ(ルーンロゴ®)は、北欧・ヨーロッパの古代文字であるルーン文字を基に創られた、絆を表す6種類(愛・永遠・平和・希望・幸運・健康)のオリジナルメッセージロゴです。商品に付けるだけで、簡単に「気持ちの伝わる贈り物」に変える事ができ、絆を深める商品にする事ができます。

テーマ2「いま公共放送NHKで起きていること 〜4権分立の勧め〜」

講師:山田 宰(国際技術コンサルタント株式会社代表取締役、元NHK放送技術研究所所長、パイオニア株式会社専務取締役、早稲田大学教授、工学博士)

NHKは国民に取って非常に重要な組織ではあるが、多くの課題を抱えている。潰れる事はないが、それだけにエレクトロニクス各社と同様、あるいはそれ以上に経営が難しい状況にある。一般企業とは違って、政治環境も複雑であり業務がスムーズに進んでいる状況ではない。NHKの現状を報告し、3権分立に代わる「4権分立の勧め」を提案する。

********************************************************************

2016年9月20日(火) 第41回 アイデア実現研究会

テーマ1. 「香料の話 〜香水、香料素材など〜」

講師:板倉 啓祐(()アイタック 板倉技術士事務所、元 高砂香料工業株式会社)

シャネルNo.5やミツコなど有名香水の開発の経緯など、香水にまつわるお話や香料原料、製造法について専門知識を持っていない人にもわかるようにお話しいただいた。

テーマ2. 「太陽電池パネルによるエネルギー完全自給住宅“KONAUS”の普及」 

このプレゼンは台風来襲のため講師の出席が叶わず延期となった。代りに柳下理事長から22世紀学会の将来の事業展望について説明があり、出席者の支持を得た。

講師:山口 義人(株式会社セネット取締役会長、元三菱電機専務取締役、学校法人活水学院理事長)

アメリカで太陽光発電住宅の特許を取り、KONAUS LLCを設立した。この特許を建設会社にライセンスする会社である。アメリカのサンベルト地帯をはじめ、世界の太陽光が豊富な国々にこの住宅を普及させたい。

********************************************************************

2016年8月25()     14回ベンチャー研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ 1:「不動産投資ベンチャー」

講師:ケビン・チェン(Pacific Capital Investment, CEO

家族から不動産投資のDNAを受け継いできたKevinは香港、米国でブルーチップ、FX,ファンド、不動産に投資してきた。最近では日本が最も有望な不動産投資市場と考え投資を行っている。彼は不動産調査・分析、税制、銀行ファイナンスの専門家であり、コンサルタントとしても活躍している。

テーマ 2:「@【特許】パンク激減・ご機嫌チューブの国内外販路開拓、A【特許】平面画像の立体認識技術製品」

講師:鈴木 英雄((株)一心助け代表取締役、元・(有)日新研究所代表取締役、某企業技術開発部長、ベンチャー歴50年)

@  自転車メーカー3社6か月間 某レンタル自転車社3000km実走行実験でパンクなし。

A  通行区分帯を、あたかも立体物があるかのように見せ、走行中の通行区分帯から他の通行区分帯に侵入しにくくさせる安全・安心な分離・製品

********************************************************************

2016年8月17()17~19   40回アイデア実現研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ:「ハチの巣囲碁 〜囲碁の簡単革新ゲーム〜」

講師:関根 純(泣qラメキ工房 代表取締役、会社員35年 起業12年)

初級者には難しい囲碁を簡単に短時間で楽しめる形に革新考案しました。商品化前に、アドバイス、感想、応援賜りたいと考えております。ご参考までに「ハチの巣囲碁」の写真とルールを添付致します。

テーマ:「YQ手法実践経緯と効果〜私はこのYQ手法で難局を乗り切り、効果を得た〜」

講師:鈴木 英雄((株)一心助け代表取締役、元・(有)日新研究所代表取締役、某企業技術開発部長、ベンチャー歴50年)

幼い時から今日までYQ手法で難局を乗り切り、特許取得を始め、無借金経営を続け、さらなるベンチャー魂を発揮・効果を上げるべく邁進している姿を発表しました。

********************************************************************

2016年7月26()17~19   14回国際ビジネス研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ:TPPに賛成/反対の立場から2氏に論じて頂き、その後ディベートを行った。

TPP賛成論」;

講師:山田 晃久(横浜商科大学名誉教授、博士(経済学)、元コロンビア大学経済学部客員研究員、日本貿易学会会長)

21世紀日本の世界における貿易・投資と文化的通商戦略および日本の外交的通商戦略としてTPPと安全保障は非常に重要である。東アジア経済共同体と新WTOグローバリゼーションをめざしてTPPに賛成する。

TPP反対論」;

講師:中川 十郎(名古屋商科大学特任教授、日本ビジネスインテリジェンス協会会長、元ニチメン(現双日)、愛知学院大学、東京経済大学)

日米間の経済、貿易問題を軍事や安全保障とからめて日本のTPP参加を強制することは本末転倒である。経済問題と安全保障問題は厳しく識別し、TPPに関しては、日本の国益を重視し、日本国民の利益を第一に交渉することが大切である。「TPP交渉から即時撤退を要求する学者の会」が野党と共闘すべきだ。

********************************************************************

2016年7月22()17~19   39回アイデア実現研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ1. 「本当の360度歯ブラシ」〜柔らかな毛を360度に植毛するには?〜

講師:志村 由美子((株)蒼(あおい)代表、元プロダンサー、ステージシンガー、ジャズダンス教室主宰)

幼児相手や介護時に普通の歯ブラシで磨くのは大変、かつ重労働である。入れ歯の高齢者、持ち手が不自由な要介護者に使いやすい歯ブラシを作りました。これまでの一方向歯ブラシより、360度歯ブラシの方が数回かき回すだけで、はるかに効率的です。

テーマ2. 「プラスチックの展望」

講師:矢崎 文彦(前NPO法人科学技術者フォーラム理事長、元日本石油化学(株)、日石テクノロジー(株))

現在多量に使われているポリ塩化ビニール(PVC)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレン(PE)およびポリプロピレンはそれなりに安価な製造法とユニークな特性をもっているために、現在でもプラスチックの85%を占めている。大きな展望としてナノマテリアルによる複合化やバイオマテリアルなどがある。

********************************************************************

2016年6月24()17~19   第⒔回ベンチャー研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ 1: 「地域活性化 〜ふるさとテレビの活動紹介〜」

講師:角 廣志(NPOふるさとテレビ副理事長、官民交流国力倍増塾・青年育成国力倍増塾・業務執行理事・事務局長)

誰でもふるさと自慢の写真や動画を無料で紹介できる。それを誰でも無料で見ることができる。それでその土地を知ることができ、行きたくなり、産物を買いたくなる。その結果、地域が活性化し、国家のバランスの取れた繁栄が図れる。

テーマ 2:「GDP1,000兆円の国造り〜国力倍増計画の為の官民交流国力倍増塾・気付き塾〜」

講師:角 廣志(NPOふるさとテレビ副理事長、官民交流国力倍増塾・青年育成国力倍増塾・業務執行理事・事務局長)

まずGDP1,000兆円の国造りを行う。次に発展途上国の国富造り支援する。それには戦後の日本の成長モデルの移転が効果的である。その結果として世界平和への寄与ができる。豊かになれば戦争なんて危ないことはやらないだろう。

********************************************************************

2016年6月17()17~19   38回アイデア実現研究会

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ1. 「植物工場事業の立ち上げ〜事業計画および周年安定生産の必要事項〜」

講師:大山敏雄(植物工場コンサルタント、元キユーピー、(株)野菜工房社長、GNH工房)

植物工場は第3次ブームと言われて久しい。しかし、人工光型植物工場での成功事例は殆ど無い。植物工場は事業であり、事業家としての視線が無ければ、成功はおぼつかない。植物工場を立ち上げようとされている方にとって、知っておいて頂きたい内容を紹介した。

テーマ2.「世界中に親日家を増やす方法〜Abe Initiativeとは〜」

講師:柳下 和夫(22世紀学会 理事長、元三菱電機、金沢工業大学、日本大学)

世界中に親日家が多ければ、戦争や紛争も起こらないし、観光旅行に行くと歓迎されるし、来日もしてくれる。日本製品も買ってくれるし、和食が普及するし、日本語も通じるようになる。その方法が日本版フルブライト奨学金ともいうべきAbe Initiativeである。

********************************************************************

2016年5月27日   第13回国際ビジネス研究会            

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ 1「海外産業人材育成プログラム」             

講師:藤田 慶喜(海外産業人材育成協会委員長、元新日鉄、国連工業開発機関(ウイーン)、桜美林大学名誉教授・副学長、日本マクロエンジニアリング学会会長、国際環境NGO代表理事、日本リユース機構名誉顧問、3R政策研究所特別顧問、海外の諸大学で客員教授)

★経済のグローバル化の進捗によって我が国企業の海外展開は激しく、早くなってきている。講演者は、国連工業機関の要職ほか、数多くの国際関係業務に携わり、現在はその経験を活かして海外産業人材育成を中心に我が国企業の国際展開を支援している。本講演では、その活動の現状を報告し、経験豊かな参加者からのアドバイスを頂きたい。

テーマ2「新事業創業は、やっぱアメリカからだよ」

講師:山口 義人(KONAUS LLC EVP CEO、(株)セネット社長・会長、(株)長崎エコタウン社長、元三菱電機専務、アメリカ三菱電機社長・会長、活水学院理事長)

★新規事業や、新しいチャレンジをするなら、アメリカが最適です。たとえばKONAUSという完全独立型太陽電池ハウス事業は、太陽光が十分あれば、世界のどこから始めてもよいのですが、資金調達、新規事業のやり易さ、受け入れやすさなどからアメリカから始めるのが最適です。

********************************************************************

2016年5月20日   第37回アイデア実現研究会            

会場:大阪大学東京オフィス  

テーマ1. 「地球規模で進んでいる環境汚染による健康被害に対して安全で健康に良い「空気」と「水」で人類に貢献する。」

講師:早川 成昭((有)HTB代表,元・旧山武ハネウエル梶i現:アズビル梶j) 

★日本人の3人に1人以上が喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギーで苦しんでいる。「ハウスダスト」が大きな原因である。WHOは2012年に「不健康な環境」に起因する死者が世界で推定約1260万人に上った。全死者の23%に当たり、各国政府に対策を急ぐよう呼びかけた。

テーマ2. 「海洋温度差発電(OTEC)の発電コストを低減する高温側熱源補助装置の開発」

講師:迯目(にげめ)英正(()デザインウォーター(海洋深層水の会社)、建設コンサルタント、技術士(建設部門))

★OTECの発電コストが高いのは高温側と低温側の温度差が小さいことによる。そこで高温側熱源に補助装置を組み込む発電システムを開発した。立地条件、スケールメリットを得れば、発電コストは16.6/kWh1,000kW)〜2.6/kWh1,000kW)と低減できる。

********************************************************************

2016年4月22日(金)    第12回ベンチャー研究会

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「“Innovation for the Japanese Crowdsourcing Industry”〜Harnessing worldwide talent thru the internet〜」

講師:Alan AcostaWorkshift Solutions, Director:元Nomura Securities Co. Ltd,

Baring Securities Argentina, Ltd, Baring Securities Japan, Ltd,The University of Chicago - Booth School of Business)

クラウドソーシングでは、ネットで仕事を迅速、簡単かつ低コストで外注できる。我がWorkshit Solutions社は、日本初の「グローバル」クラウドソーシングサービスを始めた。プラットフォームは(日本語、英語、フランス語)トライリンガルで、海外市場調査会社、調査の受験者、ライター/ブロガー、翻訳、海外のイベントサポーター、ITエンジニア、デザイナー、編集者とより多くのグローバルネットワークに接続する。

テーマ 2:「金融ベンチャーが創る未来 〜新しいFinTechのカタチ〜」

講師:冨田 和成((株)ZUU代表取締役社長兼CEO,元野村證券、シンガポール支店・タイ支店駐在、)一橋大学在学中にソーシャルマーケティングのベンチャーを創業。野村證券では同世代のトップセールスや最年少で超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。シンガポール経営大学留学。本社ウェルネスマネジメント部門でコンサルティングを担当。

ZUUが挑挑戦しようとする未来について説明を聞いた。

********************************************************************

2016年4月15日(金)    第36回アイデア実現研究会       

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「笑いの基本定石ベスト5〜これであなたもユーモア名人〜」

講師:人星亭 喜楽駄朗(本名:米谷 裕夫、日本笑い学会秋田県人会長、全日本プラス思考協会長、秋田県漫談協会長、秋田県元気高齢者協会長、笑学博士、元秋田県職員)

2006年日本笑い学会入会以来笑いを深く研究し、学会で9年連続様々なテーマの学術論文を発表した。他人を笑わせるには各種パターンがある。入会以来全国で約750回の講演で体得した笑いの基本定石を5つ紹介した。

テーマ2.「日本徳育良縁協会(仮称)」発足のご意見伺い」

講師:西川 慈海(格安特許・商標相談コンサルタント、元日立製作所)

 (1)結婚したいが、相手と会う機会を知らない男性、女性が多い。特にIT企業の社員。

 (2)相手と会っても、騙されたりすることも多い。学歴、収入、結婚歴などチェック。

 (3)結婚後、こんな人だと思わなかったが多い。婚前は両目で、婚後は片目で見る。

このようなことを考えていろ。これについて出席者が話し合った

********************************************************************

2016年3月29日   第12回国際ビジネス研究会            

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「VEセンターの紹介〜Value Engineeringで製品やサービスの価値を最大にする〜

講師:水田 浩(一般社団法人水田情報社会研究所代表理事、元原子燃料公社、宇宙開発事業団、CALS研究組合、VEセンター理事長) 

1995年から1998年にかけて世界中がCALS運動(Continuous Acquisition and Life-cycle Support / Electronic Commerceの略)で、「継続的な調達とライフサイクルの支援」)を展開した。日本も全省庁、全県、全自治体が参加し、全政府機関でCALS実現のプロジェクトをつくった。しかし、CALSを実現したのは、建設省だけだった。

テーマ2. 「海外有力進出・投資先〜カンボジア〜現地人脈を活用した強力な進出支援〜」

講師:花里 聡明(()E.C,I.代表取締役、ベンチャービジネス戦略研究会代表幹事、みのりカンボジア鞄結梹末ア所長、()日本経営士会東京支部長)

カンボジアはアジアの他国と比較し、日本にとって実は極めて有力な進出候補国である。私共は現地日本企業事業者であり、政府トップとの強い関係で進出支援も行っている。日本は開発の多大な支援国である。関税や規制、資金還元面等でも有利で、極めて親日的であり、気候も安定的である。

********************************************************************

2016年3月22日   第35回アイデア実現研究会            

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「海洋温度差発電の実力と経済性」〜久米島・100KW・実証実験施設の実績と、1000KWプロジェクトの概要、及び海外の計画情報〜

講師:河野 順一((株)ネスパ会長、コモンブリッジ(株)代表取締役、一般社団法人e−世論協会代表理事、ミャンマージャパンセダ東京交流会代表理事)

海洋温度差発電は再生可能エネルギーの分野では最後発だ。地域貢献度の高いプロジェクトの紹介と、経済性を実現した全溶接型プレート式熱交換機の汎用性能と、用途開発の情報を伝えた。

テーマ2. 「MOSHI  MOSHI Interactive ~ビデオ型コンシェルジュサービス~

講師:前川 博文(ニューロネット(株)CEO、元IT外資系の日本法人複数社の代表取締役、産業技術総合研究所の招聘スタートアップアドバイザー)

映像型WebRTCコンタクトセンター Moshi Moshi Interactiveは、お客様と直接フェイス・トゥー・フェイスのコミュニケーションができる。 リアルタイム双方向のWeb接客ライブビデオチャットができるので、お客様状態に最も適するサービスをタイムリーに提供でき、理解度、信頼感、親近感、安心感が高まる。

********************************************************************

2016年2月23日   第11回ベンチャー研究会               

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1:「新しく創業したマネジメント・サイエンス(株)の紹介」

講師:中島 信(マネジメント・サイエンス(株)取締役、日本生涯現役推進協議会会長補佐、元日立製作所)

日本の経営は、数々のコンサル活動、手法の導入が提唱され、読み切れないほどのビジネス書が巷に溢れているものの、所謂KKD(経験・勘・度胸)+人脈が基本になっている。ここに、今少し、分析的な手法を導入(科学的経営)が出来ないかと、常々思っていた。今回は、 既に実販・稼働実績のある構造マトリクスの再生を柱に、上記課題への取り組む会社を作ったので紹介したい。

テーマ 2:「ボランティア活動団体の一般社団法人『日本お助け隊』の紹介」     

講師:建部 真一((株)ヴェルデオンコンサルティングジャパン理事、『日本お助け隊』監事・事務局長、ワンストップコンサルティングファーム『一般社団法人みらい経営支援機構』理事・事務局長)

『日本お助け隊』は一言で言うと『駆け込み寺』です。『いのちの電話の民間版』と言うと分かりやすいかもしれません。相談アドバイス無料で【命を救うボランティア】をして行こうと考えている人間の集まりです。

********************************************************************

2016年2月16日   第34回アイデア実現研究会            

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「ソーシャルビジネス『eco暴風スルーアンブレラ®』」

講師:中島 邦雄(ラーメン店を経営の傍らNPO法人「At Home青少年奨学基金」を設立)

安いビニール製洋傘が強風で松茸状になり使い捨てられている。年間8,500万本の販売数のうち5,000万本が1年以内に廃棄されている。その処理に税金が使われている。もっと暴風にも強い傘を発明し、実用新案を取った。これを作ってくれるメーカーを探している。利益をNPOに使いたい。

テーマ2. 「プラズマ/スピントロニクスの応用例」

講師:松丸泰幸(プラス・ウェア株式会社、元ビクター/キャノン/Mentor GraphicsSYNOPSYSIBM

現在、磁性体共鳴による電源装置を発明し、特許取得後、応用ビジネスを起業中。この技術では、自動車の排気ガスの浄化や無接続電池充電やフェライト素材での送電も夢ではない。実験装置を持参し実演付き。

********************************************************************

2016年1月29日   第11回国際ビジネス研究会            

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「How to Make Spicy Chicken Curry. How to Write a Business Plan.〜」

講師:Sidney FeinleibPhDTechnical Consultant at Consulting International Inc.JMEC,立教大学教授) 

日本市場拡大関連団体(JMEC www.JMEC.gr.jp)では日本に進出する外国企業に日本市場拡大法の研修をしている。18か国がスポンサーとなったコンテストで、私の方法で書いたビジネスプランが2014年と2015年に第1位となりヨーロッパ往復券を獲得した。その方法を発表するが、短時間の実習を含む。

テーマ2. 「アフリカのビジネス・チャンス」

講師:柳下 和夫(情報総合研究所 代表 元三菱電機,金工大、日本大学)

アフリカは鉱物資源が豊富である。現在の人口は⒑億人だか2050年には20億人になる大市場である。南アフリカはG20に入ったが、世界の最貧国も多い。現在は中国の進出が目覚ましい。道路・鉄道・電力・水道・住宅・教育・医療・衛生・産業育成・農業改善・行政・金融・貿易・投資など日本への期待は大きい。支援受け慣れしている面もある。日本はどう対応すればよいのか。

********************************************************************

2016年1月22日   第33回アイデア実現研究会            

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「海洋都市横浜〜海洋研究・海洋産業の創出育成で世界一の都市を目指して〜」

講師:沖浦 公隆(NPO法人海都横浜を創る会、元・横浜未来街づくり(株)代表取締役)

島国日本は世界第6位の領海を持っているが十分に活用されてはいない。日本は、海洋研究・海洋産業分野で世界トップクラスの力がある。中でも横浜は海洋研究機関や造船業や海洋エンジニアリング会社も多く、海洋国家日本の中核的都市である。さらなる雇用機会の創出・観光誘致・税収増加を図りたい。

テーマ2. 「Ken Consultingの紹介」

講師:本多 謙((有)Ken Consulting創業社長、元・英ロジカ社、米ロータス社、加ノーザン・テレコム、米コントロール・データ)

90まで生き、80まで仕事をするため50で独立した。ノーテルでの戦略マーケティングに近いビジネスモデルを選んだ。最小の固定費で済むバーチャルカンパニーを選んだ。技術と市場のトレンドを視てポテンシャルが最も高く、手頃なサイズのオーストラリアやロシア企業のレップとなった。

********************************************************************

2015年12月25日   第10回ベンチャー研究会  

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「手書きコミュニケーション<nagomi>(SNS)ビジネスプラン論旨」

講師:慶長 久和((株)エクスフォーメーション)

スマホは便利だが、小さいキーボードでの入力はシニアには向いていない。そこで簡単に入力ができるアプリ「手書きコミュニケーション<nagomi>(SNS)」を考案した。これは福祉・教育・観光・ビジネスでICTのプラットフォームにしたい。シニア世代のマーケティングにも使いたい。

テーマ2. 「ベンチャー白書に見る 最近のベンチャー動向と課題〜ベンチャー白書2015を読んで〜」

講師:黒田 啓征(一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)総務企画局長、元メガバンク勤務(マクロ金融調査、海外調査、海外勤務))

VECでは『ベンチャー白書2015』を出版した。コーポレート・ベンチャー・キャピタル投資が増加しているが、物づくりには十分ではない。公的支援も不十分である。労働市場や教育の見直しが必要である。

********************************************************************

2015年12月18日   第32回アイデア実現研究会

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「地磁気を使った屋内測位エンジンの御紹介」

講師:本多 謙(KenConsulting(有)代表取締役、元・英ロジカ社、米ロータス社、加ノーザン・テレコム、米コントロール・データ)

ロシアのSpirit Navigation社の屋内測位エンジンは、発信機なしで1〜2mの精度で位置が測定できる。このビジネスお日本で確立したい。その方策についてアイデアの提供と協力者を募集したい。

テーマ2. 「地球温暖化最終局面の回避方法」〜人類活動による発生熱の宇宙放散〜」

講師:外山 樗V(マネジメント・サイエンス(株)設立準備中、PhD(経営工学)、元・富士鉄、日本IBM

産業革命以来、人間が使ったエネルギーは莫大なもので、多大の炭酸ガスを放出した。それが地球温暖化の原因である。しかし地球に降り注ぐ太陽光のエネルギーは桁違いに大きい。その一部の受け取り拒否すれば、地球温暖化は防げる。その方法を提案する。やり過ぎると地球寒冷化となるかも知れない。

********************************************************************

2015年11月27日   第10回国際ビジネス研究会

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「温暖化対策の過去・現在・未来〜世界の動きと日本の動き〜」

講師:冨澤 昌雄(超え環境ビジネス(株)取締役、(有)リスク戦略研究所 代表取締役、(株)IDIカーボンマネジメント 代表取締役、元富士総合研究所)

経産省・環境省の政策動向調査、大手民間企業の温暖化対策戦略の支援、排出権クレジットの売買に携わった経験に基づいて概説し、中国国内市場の動向を踏まえ、日本企業のビジネスチャンスについて、考察したい。

テーマ2. 「日本の港湾を取り巻くアジアのハブ港戦略」

講師:山縣 敏憲(港湾職業能力開発短期大学校非常勤講師、元いすゞ自動車)

物流の戦略こそ国家経済を左右することであると説いてきたが、@日本の国際物流に関する読みの甘さ。A政策の甘さと、政策の遅さ。B日本を取り巻く世界の物流環境の予測不足、など問題は多い。

********************************************************************

2015年11月20日   第31回アイデア実現研究会

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「竹炭の効用」

講師:花井 良守(有限会社 竹友)

日本には全国的に竹林が多いが、最近はプラスチックに押されて用途が減っている。そこで竹炭に着目し、その効用と事業化の課題について発表した。1)炭に興味を持った経緯、2)炭焼き釜との出会い、3)炭焼き場所の建設、4)顧客との出会い、5)竹炭・竹酢の効用、6)事業化の課題

テーマ2. 「韓国のベンチャ実情」

講師:西澤 紘一((株)プライムネット 代表、工学博士、元日本板硝子)

韓国には財閥が200もあったが、最近は反財閥の国民意識が高まり、ベンチャーを起こす若者が増えてきた。私は1021日から24日までソウルと春川を訪問し、韓国の技術士、ベンチャー企業と交流を持ってきました。そのホットな話題を話した。

********************************************************************

2015年10月30日   第8回ベンチャー研究会               

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ 1: 「就労困難者の雇用創造〜2015年東洋経済障がい者雇用ランキング国内2位の秘訣〜」

講師:成澤 俊輔(NPO法人FDA事務局長、(株)アイエスエフネットハーモニー事業部長)

幼少期から多くの難病と闘ってきた。FDA(Future Dream Achievement)とは、障がい者、在宅勤務者、ひきこもり、ニート、ホームレス、うつ病患者、シニア、ワーキングプア等の就労を目的とし、就労希望者・支援希望者の集える環境の創造と仕組みの提供を行うNPOである。

テーマ2. 「天職のすすめ」

講師:田邉 幸藏(「研人企画」代表、「SS会・生涯青春研究会」代表、元パナソニック)

定年後のシニアライフをゴルフと執筆活動でエンジョイしている。シニアの小説や自叙伝の出版も支援する。全国各地で生涯青春研究会を開催し、生涯青春に関する事例(趣味・仕事・健康法)などを発表し相互啓発を行なっている。

********************************************************************

2015年10月23日   第30回アイデア実現研究会           

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1.「「薬に頼らない身体づくり」

講師:作山 若子((社)日本ティーコンシェルジュ協会 会長、(株)大和 会長)

ハーブティーやお茶の民間療法のプロ、ティーコンシェルジュの育成により、健康で病気の予防に役立つ知識を国内や海外に普及する。

テーマ2. 「紙を材料にしたフルカラー3Dプリンタ」

講師:松浦 謙一郎(株式会社ジェービーエム)

アイルランド製の世界唯一の「紙(A4コピー用紙)」を材料にした3Dプリンタ「エムコア・アイリス」を紹介すると共に、3Dプリンタの今後の動向について考察した。

********************************************************************

2015年9月25日   第9回国際ビジネス研究会              

会場:大阪大学東京オフィス   

テーマ1:「日本企業の休眠特許の海外技術移転プロジェクト」 

講師:高木 道文氏

テーマ 2:AIIB, SCO, BRICS開発銀行構想の現状とアジア地域構想のあり方」 

講師:中川 十郎氏

********************************************************************

2015 825日(火) 第8回ベンチャー研究会  

テーマ 1:「イスラエル・スタートアップエコシステム〜中東の小国からイノベーションが生まれる秘密〜」
講師:寺田  彼日氏 (AniwoCEO/サムライ・インキュベート) 

NASDAQ上場数世界トップレベル、世界中の投資家の資金が集まり、トップ企業がR&Dセンターを置くイスラエルがイノベーションを生み続ける理由について、現地での起業の経験を交えた発表を行う。具体的には、産学官の連携が上手くいっている背景、イスラエル人のアントレプレナーシップ、日々事業を行う中で見えてきたイスラエルで事業を行うメリットと現地での最新の取り組みについて。 

テーマ 2:「日本の通信ベンチャー」
講師:千本 倖生氏 (元イー・アクセス、イーモーバイル社長、工学博士) 

1985年に始まった世 界通信規制緩和を機にNTTを飛び出し、次々と競争企業を創りだし、我が国の先進的な通信サービスを築きあげて来たベンチャーの歴史 を紐解き、その戦略、手法、資金調達について伺いました。通信は固定からモーバイルへ、国内からグローバルに、アナログからデジタルへと大きく変貌と遂げました。そしてIoT,  IoE, M2Mと言われ我々の生活の隅々まで浸透しようとしています。この中で我々は何を得たのか、何処に向かっているのかお話しして頂きました。 

********************************************************************

2015 818日(火)  第28回アイデア実現研究会
テーマ 1:「ナノバブル技術の応用」
講師:久米 隆廣氏 (株式会社アースリンク 代表取締役)

ナノバブルとは直径が10億分の1メートル(nm)の気泡である。産業技術総合研究所と共同でナノバブルの特性を応用した植物成長促進水「根活」を開発した。これにより化学肥料、農薬への依存を極力減らした、安心、安全な農作物を作る「未来型農業」の一助となることを願っている。ナノバブルは医療、健康、化粧品、環境浄化などへ応用され、新製品開発や用途開発に繋がることが期待されている。

テーマ 2:「腰痛予防服」
講師:柳下 和夫氏 (情報総合研究所 代表)

メタボな私は1日10時間もパソコン作業をすると腰が痛くなる。これは腰から上の腹、胸、肩、腕や頭の体重が腰を圧迫するためである。そこで体重を約8割減らすことのできる服を発明した。オフィスでは椅子に座らなくても立ったままでも疲れずに仕事ができる。1~2時間の遠距離通勤も座れなくても疲れない。守衛やガードマンも毎日立ったままでも疲れない。腰痛防止に最適である。試作品を持参しますので、試着したい方は事前にご連絡お願いします。

********************************************************************

2015 724日(火)  第8回国際ビジネス研究会

テーマ 1:「公文の海外展開の変遷〜組織のグローバル化に必要な要素とは〜」

講師:楠澤 秀樹氏(グローバル・コミュニケーション&テスティング 代表取締役社長、元北米公文社長、公文教育研究会取締役(CIO)
公文教育研究会は国内だけでなく世界48か国で公文教室を展開している。発表者は北米(米・加・墨)における直接経験を通し、日本で成功した教育サービスがどのように現地化していったかを述べる。それを通して、組織のグローバル化に必要な要素を考える。 

テーマ 2:「世界需要の先取りの具体策〜新成長戦略への提唱(アベノミックスへの提唱)〜」

講師:日比野 弘勝氏(アルタマネジメント創業社長、元ジェムコ日本経営 関西支社長、COSMIC創業社長、アルファブレーン創業社長)
世界の代表的企業は、技術立国日本の技術資源を命運を掛けて探しています。各国は中小企業と新産業を育てたいと願っています。その新製品、新技術、新市場、新顧客、新事業の育て方を実例でお話しします。

********************************************************************

2015 717日(火)  第27回アイデア実現研究会

テーマ 1:「津波シェルターに関する開発とビジネス」

講師:倉本 俊司氏(クラミー技術研究所 所長)
津波が来襲した時、空気層を残して一時的な非難をするシェルタの基本アイデアを特許出願しました。建設会社、自治体などから関心を寄せられています。基本構造に色々なアイデア、付加価値を付けて広くPRしたいと思います。共同開発や新しいアイデアの提供などのご提案を期待しております。

テーマ 2:「知的財産権における係争事件について」

講師:柴田 茂夫氏 (宮川国際特許事務所 弁理士)
東京高等裁判所に専門委員(非常勤)として2年在籍したことがあり、準備書面の審理中でのアドバイス、また意匠・商標についての警告に対する対応策などの経験を話した。ただし、機微に関わる案件であり、事前資料は出さないことにした。

********************************************************************

2015年6月26日   第7回ベンチャー研究会      

会場:大阪大学東京オフィス

テーマ1:IoT時代の到来と当社の新規事業戦略」〜第3のインターネットの潮流とその対応〜」     

講師:藤原 洋氏

テーマ2「安全で簡易なオンライン決済システム:SIDO」

講師:Brian Nelson

********************************************************************

2015 619日(金)  第26回アイデア実現研究会
テーマ 1:「製造業の課題解決を支援する  <ものづくり.com>」
講師:熊坂 治氏((株)産業革新研究所 代表取締役、熊坂技術士事務所 所長、元パイオニア)

  製造業の生産性向上、課題解決のノウハウや経験を持つ専門家は多いが、需要家とのマッチングが難しい。本システムを通じて両者を引き合わせ、産業の発展を推進する。

テーマ 2:「中小企業経営者向け広報支援ビジネス」
講師:平野 哲也氏((株)オンリーストーリー 代表取締役、中小企業の2代目)

中小企業の経営者インタビューをし、それをサイトに掲載、SNSを使って中小企業の魅力を特に若者に伝えるサービスである。それぞれの企業の仕組みや制度、技術、独自の社風、会社のあり方などオンリーワンを強調して紹介する。

********************************************************************

2015 626日(金)  第7回ベンチャー研究会

テーマ 1:「IoT時代の到来とBBT社の新規事業戦略 〜第三のインターネットの潮流とその対応〜」

講師:藤原 洋氏(ブロードバンド・タワー社代表取締会長兼社長、工学博士)
本発表では、最初に、インターネット技術とビジネスの過去・現在・未来を概観することとします。具体的には、商用化と共に始まった、第1の潮流としてのポータルサービス、検索エンジンサービス、Eコマースサービスの概要と意義についてお話します。次に第2の潮流としてのソーシャルメディアサービスの概要と意義についてお話します。最後に第三の潮流とも言える本格的なIoT(Internet of Things)、モノのインターネット)時代の到来を迎えてその歴史的意義とこれに対応したBBT社の新規事業戦略をお話します。

テーマ 2:「SIDO決済システム」

講師:Brian Nelson氏(BNC社創立者&CEO
BNC
社は、Eコマースやインターネット事業の先駆者であるブライアン・ネルソンとクラーク・ロバートソンによって2011年に日本で設立。BNC社の保有する 先進的なテクノロジーを利用して、全く新しいオンライン上のプラットフォームやアプリケーションを開発しています。決済機能、ポイント付与機能、売上、広告、検索など、オンラ インショッピングの場、そしてオンラインバンキングを一本化したサービスであるSIDOを通して世界一のウェブサービスの提供を目指しています。ファッション、バー、チャリテイ & 教育、ヘルス、オンラインショップ、チケッテイング、アメリカン・クラブの様々な利用をSIDO社オンライン・ワレットで可能にする。

********************************************************************

2015 526日(火)  第7回国際ビジネス研究会

テーマ 1:「ベトナムにおける人材教育〜溶接技術者の育成〜」

講師:三宅 紘一氏
長年にわたり日本の工業力を支えてきた技能OBも、最近の NC工作機械、FA、ロボット化が進む日本の工場では、定年後の再就職は難しい。そこで海外での技能教育訓練指導をやってみてはどうだろうか。日本人は長寿なので、60~65歳で再就職しても、10年は働けるだろう。 

テーマ 2:「産学官連携におけるシニアの社会貢献事例の紹介 〜起業家支援活動(J-SCORE)とシニアの生甲斐〜」

講師:松井 武久氏
アメリカのSCOREService Corps of Retired ExecutivesAssociationに範を取り、J-SCOREはシニアに対する起業家支援団体として10年間ボランティア活動をしてきた。その成果を紹介し、シニアの賛同者を募りたい。

********************************************************************

2015 519日(火) 第25回アイデア実現研究会

テーマ 1:「災害緊急救援物資外装に施す色彩分別法」

講師:西 襄二氏(物流問題研究所 代表)
 災害時には全国、全世界から救援物資が届く。命に係わる薬品や、腐りやすい食べ物は箱を開けて中身を調べたり、翻訳をしている暇がない。それには一目で分かる色彩で分別するのがベストである。国際標準にしてボランティアでも間違いなく迅速な作業ができると便利である。折角の善意の救援物資を無駄にすることはなくしたいものである。

テーマ 2:「戦略的なファイナンス〜クラウドファンディングの動向〜」

講師:北 義昭氏(株式会社 社楽パートナーズ 代表取締役社長)
日本でベンチャーが育たなかった原因はエンジェルやベンチャー・キャピタルが少なく、創業資金を得られなかったことが大きい。銀行は担保がないと金を貸してくれない。そこで一般大衆から資金を募集する方法がクラウドファンディングである。@寄付型(10万円でアフリカの子供にワクチンを送ります。1000円の寄付をお願いします。)A購入型(50万円でこの音楽グループのCDを作ります。2,000円で1枚予約して下さい。)B投資型(1億円でこんな新製品開発をします。1万円の出資者に10%の配当をします。)

********************************************************************

2015 428日(火)  第6回ベンチャー研究会

テーマ 1:「Introduction to visual search(視覚探索入門)〜Blippar〜」

講師:Sean Nichols氏(Blippar Japan社長)
黒澤明監督は映画のロケ地に建っている邪魔な家を壊し、撮影終了後再建させた。北京オリンピックでは会場の花火よりも、放映されたテレビの花火の方が多かった。国際サッカーのテレビ中継では、サッカー場の広告は放映される国のスポンサーの広告にすり変えられる。このような映像の加減をスマホでもっと簡単にするのがBlipparというアプリだ。 

テーマ 2:「新型飛行船開発構想〜熱飛行船の開発〜」

講師:稲着 達哉氏
新型飛行船は@浮揚ガスとして水蒸気ガスを使用する。A垂直離着陸機能を持たせる。B飛行船の船体をリフティングボディ構造にして飛行時の揚力も活用する。C飛行の動力は電気を用いたい。旅客用には速度で飛行機には勝てないが、貨物用にはコストで勝てるかも知れない。

********************************************************************

2015 421日(火)  第24回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「手術室内パソコン用マウスカバー」

講師:林 幸則氏 
最近は手術室内でもパソコンを操作しながら手術を行なう。その場合には、医師の手には患者の血液が付いている。その手でマウスを扱うと、次の患者に病気を感染させる恐れがある。そのためマウスにカバーをつけ、それを消毒するアイデアが欲しい。

テーマ 2: 「首都(大都市)直下型地震に対する近郊電車の脱線防止法」

講師:稲宮 健一氏高速で走行中の車両は直ぐに停車できない。直下型地震が起こるとP波が検出された数秒後に破壊力を持ったS波が走行中の電車を襲う確率が高い。S波の撃力が電車の脱線を誘発すると、一次、二次災害につながる。この事象を回避しなければならない。

********************************************************************

2015年3月24日   第6回国際ビジネス研究会   

会場:大阪大学東京オフィス

テーマ1「今インドとは、そして将来のインドはどう変わるのか」

講師:笹田 勝義氏

テーマ2「中国民族メーカーへの技術指導で悟った、現場の『オカラ風土』の実態と改革への知恵と技」

講師:安見 昭氏

********************************************************************

20150317日(火) 第23回アイデア実現研究会

テーマ 1:「市場指向の新製品・新事業開発法」

講師:柳下 和夫氏()

テーマ 2:「生涯現役を基底とした社会貢献型事業のご提案」

講師:鎌田 健司氏()

********************************************************************

2015年2月24日   第5回ベンチャー研究会

会場:大阪大学東京オフィス

テーマ1Ganapati プロダクトとGPJ-VCの紹介」

講師:大田 拓郎氏

テーマ2「インキュベーション・マネジャーから見たベンチャー成功の秘訣!?」

講師:秋本 英一氏

********************************************************************

20150217日(火)  第22回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「知的財産権は、経営戦略の要〜侵害訴訟に関する対策〜」

講師:西澤 紘一氏 

テーマ 2: 「韓国の最新IT事情」

講師:三田 典玄氏

********************************************************************

2015年1月30日   第5回国際ビジネス研究会   

会場:大阪大学東京オフィス

テーマ 1 「新規ポリマーの米国でのマーケティング」

講師:清水 優氏

テーマ 2: 「アフリカ・マラウイ共和国開発プロジェクト案」

講師:柳下 和夫氏

********************************************************************

20150116日(金)  21回アイデア実現研究会

テーマ 1:「ペアワーク制度の早期立ち上げ方法の検討」

講師:西川 慈海氏()

テーマ 2:「ヨガと禅による健康法」

講師:亀井 襄治氏()

********************************************************************

2014年12月19日   第4回ベンチャー研究会    

会場:大阪大学東京オフィス

テーマ1MDM市場激変に対応するBizMobile社の戦略

講師:小畑 至弘氏

テーマ2Business Decisions and Ethical Dilemmas

講師:Sidney Feinleib

********************************************************************

20141212日(金)  第20回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「フィリピンのベンチャー・キャピタルのMiraizo Group

講師:全 英樹氏 

テーマ 2: 「3Dプリンタの特許調査」

講師:西澤 紘一氏

********************************************************************

2014年11月25 第4回国際ビジネス研究会

会場:築地社会教育会館

テーマ 1「三つの国際会議に出席して」

講師:石川 昭氏

テーマ 2「ベトナムでの新市場開拓と情報」

講師:伊藤 正氏

********************************************************************

20141121日(金)  19回アイデア実現研究会

テーマ 1Dr. KID 消滅型有機残渣処理システム」

講師Dr. Ken Iijima氏()

テーマ 2:「私はこうして外国特許を取った」

講師:山川 隆氏()

********************************************************************

2014年10月28日   第3回ベンチャー研究会    

会場:築地社会教育会館

テーマ1:「増床無き増床を実現する拡張店舗」   

講師:谷口 昌仁氏

テーマ2:「健康は自分で守る」     

講師:星野 無R氏

********************************************************************

20141024日(金)  第18回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「ウェブ社会からファブ社会へ」

講師:田中 浩也氏 

テーマ 2: 「超小型超安価マイクロリアクタの提案」

講師:保坂 俊氏

********************************************************************

20140929日(月)  17回アイデア実現研究会

テーマ 1:「科学としての歯科診断の確立と歯科診療の再構築」

講師:関根 隆太郎氏()

********************************************************************

2014年9月18日   第3回国際ビジネス研究会   

会場:築地社会教育会館

テーマ 1 「情報セキュリティーの研究」    

講師:亀田 修氏

テーマ 2:「ワールドカフェと情報活用」

講師:香取 一昭氏

********************************************************************

2014年8月26日   第2回ベンチャー研究会

会場:築地社会教育会館

テーマ1ステンレス車両の磨き」

講師:道野 徹氏

テーマ2:「ソルトケーブ(岩塩窟)」

講師:道野 徹氏

テーマ3:「eSource Technology

講師:Patricia Bader Jonston氏

********************************************************************

20140812日(火)  第16回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「スターリング・エンジン」

講師:手塚 信利氏 

テーマ 2: 「どこでも乗り降り可能で速度選択自由な環状交通システム」

講師:柳下 和夫氏

********************************************************************

20140728日(月)  15回アイデア実現研究会

テーマ 1「複合材料による軽量化」

講師:角田 敦氏()

テーマ 2:「CCTを用いた高SNR gain 通信及び計測」

講師:朝比奈 正氏()

********************************************************************

2014年7月22日   第2回国際ビジネス研究会              

会場:築地社会教育会館 

テーマ 1:「中国、ベトナムでの新市場開拓と情報活用」       

講師:伊藤 正氏

テーマ 2:「ベンチャー・健康ランドビジネス展開について情報、人脈をいかに活用しているか」        

講師:増田 博美氏

********************************************************************

20140722日(火)   2回国際ビジネス研究会
テーマ 1:「中国、ベトナムでの新市場開拓と情報活用」
講師:伊藤 正氏
テーマ 2:「ベンチャー・健康ランドビジネス展開について情報、人脈をいかに活用しているか」
講師:増田 博美氏

********************************************************************

20140627日(金)  第1回ベンチャー研究会

テーマ 1:「アルジェリアにおける雇用創出のためのベンチャープロジェクト」

講師:藤井 利幸氏()

テーマ 2:「リハビリテーション工学と支援技術の現状と動向」

講師:大鍋 寿一氏

********************************************************************

20140609日(月)  第14回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「技能五輪と技能訓練」

講師:西澤 紘一氏 

テーマ 2: 「無動力式河川遡上船」

講師:柳下 和夫氏

********************************************************************

20140529日(木)  13回アイデア実現研究会

テーマ 1:「蛍光灯リサイクル」

講師:倉本 俊司氏(オメガ技術研究所長

@  「蛍光灯リサイクル」倉本 俊司(オメガ技術研究所長)

使用済み蛍光灯を廃棄する場合に内部の水銀蒸気が公害となる。それを溶液内で回収する方法を提案した。

A  「特許取得の道」中谷 光夫(光内外特許事務所長)

有効な特許を取得するために重要な特許要件について、プロフェッショナルの弁理士が解説した。

テーマ 2:「特許取得の道」

講師:中谷 光夫氏(光内外特許事務所長

有効な特許を取得するために重要な特許要件について、プロフェッショナルの弁理士が解説した。

********************************************************************

20140520日(火)  1回国際ビジネス研究会
テーマ  「国際ビジネス研究会の設立趣旨」 

説明者:中川 十郎氏(主査)

テーマ 1:「国際ビジネス開拓とビジネスインテリジェンス」

講師:中川 十郎氏

テーマ 2:「国際ビジネス展開の真の成功に向けて」

講師:山本 哲朗氏

********************************************************************

20140416日(水)  第12回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「ゴルフスイング解析法」

講師:村田 久氏 

テーマ 2: 「ソーラー発電システムへの疑問とその解決のための提案」

講師:明石 實正氏

********************************************************************

20140319日(水)  11回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「高出力海洋温度差発電装置」

講師:柳下 和夫氏 

テーマ 2: 「超小型超安価半導体センサの提案」

講師:保坂 俊氏

テーマ 3: 「在るべき未来の波力発電」

講師:河野 順一氏

********************************************************************

20140226日(水)  第10回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「安価・省エネ冷暖房装置の提案」

講師:西川 慈海氏 

テーマ 2: 「在るべき未来の波力発電」

講師:河野 順一氏

********************************************************************

20140129日(水)  09回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「ビッグデータの扱いとビジネスチャンス」

講師:丸山 裕之氏 

テーマ 2: 「クラウドファンディングの提案とその課題」

講師:西澤 紘一氏

テーマ 3: 「モンゴルの現状とビジネスチャンス」

講師:前田 貴宗氏

********************************************************************

20131211日(水)  第08回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「魚礁〜藻場の形成方法~

講師:柴田 茂夫氏 

テーマ 2: 「無動力逆浸透膜淡水化装置」

講師:柳下 和夫氏

テーマ 3: 「超小型超安価インダクタ(コイル)の提案」

講師:保坂 俊氏

********************************************************************

20131118日(月)  07回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「水銀廃液回収について」

講師:倉本 俊司氏 

テーマ 2: 「発明特許自動横編機の革新技術とケイ素を活用した健康衣料素材の開発アイデア」

講師:増田 博美氏

テーマ 3: 「韓国における技術支援の現状と動向」

講師:横山 光雄氏

********************************************************************

20131023日(水)  第06回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「未来を変える方程式」

講師:千々松 健氏 

テーマ 2: 「廃棄されているエネルギーによる発電」

講師:加納 照彦氏

テーマ 3: 「特許と実用新案の相違、実用新案のメリット」

講師:保坂 俊氏

********************************************************************

20130930日(月)  05回アイデア実現研究会

テーマ 1: LED照明系の動向」

講師:近藤 英雄氏 

テーマ 2: 「光学設計における課題と展望」

講師:小椋 行夫氏

テーマ 3: 「光ファイバーの現状と課題」

講師:西澤 紘一氏

********************************************************************

20130826日(月)  第04回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「降雪の活用」

講師:稲宮 健一氏 

テーマ 2: 「砂漠への降雨法」

講師:柳下 和夫氏

テーマ 3: 「若若ワイン」

講師:伊東 義高氏

********************************************************************

20130729日(月)  第03回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「構造マトリックスの基礎と応用」

講師:外山 樗V氏 

テーマ 2: 「テキストマイニングによる新しい文章分析法」

講師:長谷川博彰氏

テーマ 3: 「特許検索と人材プロファイリングについての提案」

講師:西澤 紘一氏

********************************************************************

20130626日(水)  第02回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「真空飛行船」

講師:柳下 和夫氏 

テーマ 2: 「遠赤外セラミック」

講師:山田 宰氏

テーマ 3: 「電子式所得税および消費税の徴税システム」

講師:柳下 和夫氏

********************************************************************

20130529日(水)  第01回アイデア実現研究会

テーマ 1: 「アイデア実現研究会の設立趣旨」

講師:会長 柳下 和夫氏 

テーマ 2: 「アイデア実現研究会の運営方針」

講師:主査 西澤 紘一氏

テーマ 3: 「アイデア実現研究会の利益分配率」

講師:副主査 保坂 俊氏

********************************************************************

Copyright©2015 The 22nd Century Academy all rights reserved